2019年 01月 29日 ( 1 )

 

お仕事。

お仕事。

今回の矯正は敢えて癖を残します。
本来は癖を取るのが矯正なのですが、お客様と話し合い、カウンセリングをしっかりしてそうする事にしました。

でも、癖をいい感じに残す方がむすがしいのですけどね……………^ ^

矯正は個人個人の髪のダメージの大小、ウネリの強さ、太さ、癖の種類などなど…これを総じて「髪の体力」と呼んでますが、その体力に合わせてお薬の強さを調整して行きます。

まーdubのやり方ですが。

で、髪の体力以上のお薬を選定してしまうともう真っ直ぐにしかならないんですね。それが好きな方もおられるのですが……………
要するに真っ直ぐのストレートにするのは簡単なのです。

が!!しかし、真っ直ぐにしてしまうと言う事は髪の体力が無くなったと言う事ですので、次にその部分にパーマをあてるとかは出来なくなります。
何より傷みが激しいです。
カラーさえまともに色が入らなくなってしまいます。

で、今回はボブなので、スタイル的にも真っ直ぐはオカシイと言う結論になりました。
が、髪の体力が残れば残るほど、癖が残ってしまいます。

今回は実は2回目なのです。
前回は癖が残り過ぎてしまいました。
お手入れはかなりし易くなったとの事でしたが、前回よりも少し攻めましょうと言う感じで施術しました。

グレイカラーもされてるのですが、微アルカリカラーでカラーリングしてて、普通のカラーより全然傷んでないハズ……………

その計算がむすがしいので、体力を超えたら終わりなので説明して前回より強くしますが、体力残す感じで行きますねって事で。


befor
e0183917_21473475.jpg

e0183917_21473640.jpg

e0183917_21473899.jpg

e0183917_21473951.jpg

もう前回の矯正はほぼ無いですね。
表面はウネリがあまりなく、内側が強いですね。
後はツヤ感も全く無くなっています。

after
e0183917_21491886.jpg

e0183917_21492043.jpg

e0183917_21492228.jpg

ウーーム……………
ちと癖が残り過ぎたかなー?って感じですが、前回よりはツヤ感がアップしてます。
内側の癖がいいボリュームになっでいます。
でも、次はもう一段強くしてみましょう。って事で、お客様も納得の仕上がりでした。
随分お手入れは楽になると思います。

矯正は真っ直ぐにするだけでは無くて、今回のように、ニーズに合わせて癖を残したりボリュームたしたり、色々出来る技術だと感じます。
まーお客様とのコミュニケーションが本当に大事だなと。

次で完璧にしましょう。
一か八かの仕事は出来ないですからね。

dubはそう言うお店です。


  by dub-masa | 2019-01-29 21:30 | お仕事の話

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE